さまざまな種類の資産を使い分ける

 

sdsd88kjfs 複数の異なる資産を同時に運用することを、アセットアロケーションといいます。長期的に株や債券などに分散することによって、リスクを軽減しながら大きなリターンを得ることが可能となります。ポートフォリオ運用ともいわれる投資テクニックのひとつです。これは投資の世界では基本といってもよい方法なので、プロから初心者まで幅広い投資家によって行われています。

業界でよく用いられる格言に、「卵はひとつのカゴに盛るな」というものがあります。極端な話ではありますが、仮に投資を日本という「カゴ」の株式や債券に集中させていた場合、自然災害や経済破綻によってすべての資産が無に帰するということさえありうるのです。
そのような事態を避けるために、保険として世界中のさまざまな株式や債権に分散して投資する必要があるわけです。うまくバランスを取れば、仮にアメリカの株価で損失を出してしまったとしても、ユーロ圏で得た利益で穴埋めができる、ということも可能になります。このように国際的な視点を持つことで、大きなダメージを負わないようリスクを調節することもできるのです。

1.タンス預金

金融機関などを利用せずに、純粋に自分だけで資産を管理する方法です。良い点としては、いつでもすぐ使用することができるところです。ただし、災害や盗難に遭えば保証はありませんし、利息で増えることもありません。また、インフレや新たな通貨の発行によって価値が無くなる可能性もゼロではありません。何かとリスクの多い方法なので、できるだけ利用しないお金は銀行や証券会社に預けるようにしておきましょう。

2.銀行普通預金

もっとも多くの人が利用している資産運用でしょう。通帳あるいはキャッシュカードを用いて、銀行からお金を出し入れすることができます。タンス預金に次いで、高い流動性があるといえるでしょう。年利は0.02%程度となっています。

また、クレジットカードの引き落としや給与の振り込みに利用できるのも便利です。現在ではインターネットを利用して、ネット上だけでお金を移動させることもできます。ネット銀行を利用すると、基本的に一般銀行よりも高い金利となっています。

3.銀行定期預金

普通預金と同じように銀行に預ける方法ですが、決められた期間の間はお金を引き出すことができない点に違いがあります。その代わり、より金利が有利な条件となっています。

こちらも普通預金と同じように、ネット銀行のほうが金利は高くなっています。期間によっても変わってきますが、年利はおおよそ0.03~0.06%の間で動いています。ネット銀行では、0.05~0.25%となっています。

4.外貨預金

外貨建ての預金としてはもっともシンプルな方法です。ただし手数料が非常に高いので、あまりおすすめはできません。メリットとして挙げられるのは、低い価格から購入できるという点くらいでしょう。

5.FX

外貨建ての預金のなかでは、現在もっとも投資家の人気を集めている方法でしょう。流動性も非常に高く、高い評価のXMのスプレッド、手数料の低さも魅力的です。レバレッジさえ使用しなければ、基本的には外貨預金と同じ方法といえます。

また、基本的に信用取引となるシステムなので、円高であっても米ドルで円を買うという形で利益を上げることもできます。米ドルの場合は、およそ0.146%の年利となっています。米ドルやユーロはいわゆるハードカレンシーとして、非常に流動性の高い国際通貨なので、アセットアロケーションにもうまく組み込むことができます。

気になるジャンル

おすすめ記事

 

当サイトについて


損小利大

 

FX取引で生き残るには損小利大で取引しないと難しく思います。私は以前、損と利益を1と2で設定していましたが、2回逆指値が続いたら利益はなくなり、3回目には資産を割り込んでしまいます。

それで今はなるべく1と3で設定するようにしています。海外の有名なトレーダーが書いたFX本で、多くのトレーダーが生き残れないのは取れる相場で取らないからと言っています。

逆指値に耐えられるだけの利益を確保していないので生き残れず、退場してしまうので損切りしていれば生き残れるというわけではない事が分かりました。