銀行が倒産したら預金はどうなる?

 

uuuuorjlkjfs 銀行に預けたお金は、銀行の金庫にそのまま保管されているわけではありません。預けたお金は、実は銀行によって運用されています。

銀行にお金を預けるとついてくる「利子」。わずかではありますが、それでも預けた金額に利子がプラスされていますね。この利子は、銀行が、預金者が預けた資金を運用して得た利益の一部が(預金者に)還元されたものなのです。

銀行は、私たちが預けたお金を、元本割れのリスクがない債券などに投資して運用します。低リスクの運用が行われているものの、当然、リスクはゼロというわけにはいきません。 ものによれば、バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記こっちの方が率が良いときなどもあったりもします。事実、過去には運用が上手くいかずに経営が破たんしてしまった銀行が多数あります。

では、利用している銀行が経営破綻に陥ったら、預けているお金はどうなるのでしょうか。銀行が破たんしても、ペイオフ(預金保護)制度により、預けた資金は保護され、戻ってきます(保証は元本1000万円とその利息の範囲内が上限)。ただし、保証されているといっても、すぐに返ってくるとは限りません。返金されるまでには、長い時間がかかるケースもあるのです。

もちろん、長期間1円も手に出来ないというわけではなく、仮払金の支払いは請求可能。預金者が生活に困ってしまわないよう、こうしたシステムは存在します。ただし、その仮払い請求ができるのは60万円まで。残りのお金は、いつ手にできるかわからない状況が続きます。

銀行は、そう簡単には破綻しないだろうと思っている方も多いでしょう。ですが、近年では2010年に日本振興銀行が経営破綻を起こしたように、銀行の経営破綻は、いつ起きでもおかしくないもの。決して他人事ではないのです。大手なら大丈夫、歴史があるから大丈夫と安心することもできません。大手や歴史がある銀行も、つぶれない保証はどこにもないのです。

ですから、利用している銀行の運用・経営状態には、日ごろから気をつけておくべきでしょう。また、リスクを避けるために、資金の分散をすべきです。一つの銀行・同系列の銀行に資産をまとめず、複数の銀行を活用することで、リスクの軽減ができます。

口座を複数もっていたとしても、銀行一社の中で複数の口座を開設していては意味がありません。口座が複数あっても、それが全て同じ銀行のものであれば、結局のところ預金額の保証は上限1000万円。

ですから、資産が多い方は特に、異なる銀行に資金を分散しておく必要があります。例えは、(一社に2000万円預金していれば、1000万円しか保証されませんが)「ゆうちょ銀行に1000万円」「三菱東京UFJ銀行に1000万円」…と分けておけば、万が一、両銀行が破綻しても2000万円は保護されるのです。仮払いも120万円までは受取り可能になりますね。

お金の管理において重要なのはリスク回避です。リスクを減らす鍵は、資金を効果的に分散すること。銀行一社に資産を集中させず、複数の銀行に分けて管理されることをオススメします。

気になるジャンル

おすすめ記事

 

当サイトについて


損小利大

 

FX取引で生き残るには損小利大で取引しないと難しく思います。私は以前、損と利益を1と2で設定していましたが、2回逆指値が続いたら利益はなくなり、3回目には資産を割り込んでしまいます。

それで今はなるべく1と3で設定するようにしています。海外の有名なトレーダーが書いたFX本で、多くのトレーダーが生き残れないのは取れる相場で取らないからと言っています。

逆指値に耐えられるだけの利益を確保していないので生き残れず、退場してしまうので損切りしていれば生き残れるというわけではない事が分かりました。