バイナリーオプションでの投資取引

 

 出どころ: 【ハイローオーストラリア.net】

バイナリーオプションは、様々な相場を利用した投資取引で、よく見られるものは通貨を銘柄にし、外国為替市場の為替相場を利用したものになります。
シンプルな取引ルールが魅力のバイナリーオプションですが、そのもとは相場での売買予約の権利の取引きを行っているオプション取引の一形態であり、バイナリーオプションはそのルールの基本を限定し「相場のレートが、一定時間ののちに、あらかじめ設定されている条件を達成できるかどうか」というものに則って、様々な取引ルールを派生させているのです。

そんなバイナリーオプションの中でよく取り扱われているものは、ハイ&ローオプションというもので、通貨の銘柄と合わせた場合には、例えば「現在1ドル100円の為替相場のレートが、2時間後には、1ドル110円よりも高くなっているか、低くなっているか」を予測して投資をする、という取引ルールというものになっています。

バイナリーオプションでの取引ルールにおいて、一つのポイントとなるものは、投資の結果が判定されるまでの時間、判定時間の長さになります。
この時間の長さによって、バイナリーオプションはいろいろな形の投資取引のスタイルを求められる、戦略性の高い投資取引なのです。

この取引きの判定時間は、バイナリーいぷしょんという金融商品を取り扱い、顧客に対してサービスを提供する取引業者によってさまざまに違います。
最も顕著な違いは、日本国内に拠点を置き、日本でサービスを提供する国内取引業者なのか、海外に拠点があり、日本にもバイナリーオプションのサービスを展開している海外業者なのかの違いにあります。

日本国内の取引業者の提供するバイナリーオプションでは、金融庁から2008年に通達が行われ、取引きのルールや仕組み、そして取引業者の運営の仕方や顧客の資金管理などに関して、様々な規制が布かれることになったのです。

これに対し、海外の取引業者ではこうした規制を受けないために、非常に自由度が高く、また顧客に対する資産の保全や取引の安全について、様々な第三者機関の承認や提携を行って独自の安定性をたもっているのです。

このことにより、日本国内のバイナリーオプションでの判定時間は最短でも2時間以内と規制され、一日に多くとも12回の取引きしか行えないという形になっています。
これに対し、海外のバイナリーオプションでは、数分から数時間、数日間といった様々な判定時間の取引ルールと銘柄が用意され、中には最短で60で判定の結果が出るものもあり、短い時間内に繰り返して投資が行えるために、大きな利益をつかむことができます。

また、投資に成功した際に払い出される配当金にも違いがあり、国内のバイナリーオプションは定額制をなっており、海外のバイナリーオプションの場合には、ペイアウト倍率制という変動制をとっています。

バイナリーオプションでは、取引き判定の時間によって多くの場合は条件達成の難易度が変わり、短時間であるほど条件の達成の予測がしやすく、長時間になると達成の予測が難しくなります。
このことから、ペイアウト倍率制の場合には、難易度が難しい場合は倍率を大きく、難易度が低い場合は倍率を小さくしています。
これに田尾氏定額制の場合には、判定時間が短いものほど、最低取引金額が高くなり、逆に判定時間が長いものは取引金額が低くなり、相対的に利益の大きさを変動させているため、取引きを始める際には、この取引までの時間をよく確認するのがいいでしょう。

気になるジャンル

おすすめ記事

 

当サイトについて


損小利大

 

FX取引で生き残るには損小利大で取引しないと難しく思います。私は以前、損と利益を1と2で設定していましたが、2回逆指値が続いたら利益はなくなり、3回目には資産を割り込んでしまいます。

それで今はなるべく1と3で設定するようにしています。海外の有名なトレーダーが書いたFX本で、多くのトレーダーが生き残れないのは取れる相場で取らないからと言っています。

逆指値に耐えられるだけの利益を確保していないので生き残れず、退場してしまうので損切りしていれば生き残れるというわけではない事が分かりました。